×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

タニタ 体脂肪計 佐藤富男

Image Replacement
スポンサードリンク

タニタの新入社員が開発!ダイエットを変えた商品「体脂肪計」

2012年1月、東京の丸の内に、
OLやサラリーマンに大人気の食堂が誕生しました。
それが、

タニタ食堂。

週替わり定食「さわらのベジタブルソース定食」の場合、
263kcal 塩分0.9gという内容。

タニタ食堂は、ヘルシーな定食を出す食堂として有名ですが、
元々は体重計料理用の計りなどを製造している会社。

そんなタニタが今から20年前の1992年、
世界を驚かせる画期的な商品を発売しました。

それが、

体脂肪計。

この体脂肪計の誕生によって、
体脂肪率というダイエットの新しい概念をも生み出しました。

そんな他脂肪計を開発したのが、
佐藤富男さん。

佐藤富男さんは当時、タニタの新入社員でした。

ではなぜ
世界を驚かせる商品を開発することになったのでしょうか…。

早く… 正確に… ダイエットの「世界基準」を作った男・佐藤富男

1988年 タニタの本社がある東京都板橋区。

病院に来ていたタニタ創業者の谷田大輔氏は、
医者からこんな話を聞いた。

「アメリカの学会で、肥満は体重ではなくて、
体の中にある脂肪の量を計って判断すると発表されて話題になってますよ」

当時アメリカでは、
体内の脂肪の量を計ることで、肥満かどうかを判断していました。

しかし体内の脂肪の量を計るのは大変なことでした。

脂肪は水に浮き、筋肉や骨は水に沈む。

その特性を使い、
水中の体重と通常の体重を比べ、脂肪の量を計っていました。

しかも、水中で体重を計る方法は、
息を吐き切った状態で30秒間水に沈んでいなければならず、
とても苦しいものでした。

そこで谷田大輔社長は、こんなことを言い出したのです。

「もっと簡単に、楽に脂肪を計れる機械があったらいいと思わんか?」

それを聞いた開発部長の山本正氏が、

「新人の研修テーマ扱いという形で開発させてみては?」

と提案。

そこで、当時新入社員だった
佐藤富男さんが一人で担当することなったのです。

タニタの体脂肪計開発は、
周囲からは全く期待されていない中でのスタートだったのです。


佐藤富男さんはこれを機に、
一から脂肪のことを勉強し始めることになり、図書館に通いつめることに…。

慣れない英語の文献を読み漁った結果、
3ヶ月後に、

「脂肪は電気を通しにくい。筋肉は電気を通しやすい」

という論文を見つけたのです。

痩せて脂肪の少ない人の場合、
脂肪が邪魔をしないのでたくさんの電気を通す。

一方、
太って脂肪が多い人の場合は、脂肪が邪魔をし電気を通しにくい。

この違いを利用すれば、
体内の脂肪の割合が計れるのではないか…?

そこで佐藤富男さんは、
体に電気を流して脂肪の量を計れる機械を作ることに没頭していったのです。

そして半年後、ようやく試作機が完成!

周りの評価は上々。

しかしその試作機を医者に見せたところ、結果は不評…。

手から足に電気を流すこの方法は、
ちょっとでも体が動いたり、電極パッドの粘着具合でデータが変動。

そのために測定に時間がかかり過ぎていたのです。

時間を短縮しなければ…。

そんな時思い出したのが、先輩社員とのふとした会話だった。

「体重と一緒に脂肪も計れたらいいのにな」

体重計に乗る方式では、下半身しか電気が流れないため、
正確には測れない…、と佐藤富男さんは思っていました。

しかし、一応試してみることにした佐藤富男さんは、
電気の伝導率が高い銅を切り取り、体重計の上に貼ってみたのです。

すると偶然にも思わぬことがわかったのです。

体重がかかる足の裏は、銅板と密着しやすいため、
今まで10分かかっていた計測時間が、
わずか30秒しかかからなかったのです。

しかも、
下半身だけでも、全身のデータと同様の結果が得られることが判明。

これには医者も納得。

次の課題は、

試作機のデータがほんとうに正しいのかどうか…。

それを確認する唯一の方法は、

試作機のデータと、
プールで計るデータを比較することしかありませんでした。

そのためには、
息を止めて30秒潜るという従来の方法を、
体型・年齢・性別ごと、
100人以上に協力してもらわなければなりませんでした。

3ヶ月後、100人分のデータを集めることが出来、
データを照合してみると、なんとその誤差は0.1%という好結果に。

佐藤富男さんの作った試作機は、
正確だという事が証明されたのです。

期待されずにスタートした新入社員が始めた
体脂肪計の開発でしたが、ついに4年後の1992年、
体脂肪計」と名付けられた業務用が発売されたのです。

そしてその2年後の1994年、
体脂肪計の家庭用が発売されたのを機に、
タニタの体脂肪計は、爆発的な普及につながったのです。

2012年3月13日(火)放送 テレビ東京
「仰天クイズ!珍ルールSHOW」
〜あの有名商品を開発!世界基準を作ったのは日本人SP〜 より

スポンサードリンク