×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

タニタ社員食堂 弁当

Image Replacement
スポンサードリンク

丸の内タニタ食堂の特製ランチボックスが期間限定発売

丸の内食堂の利用客からの、

「タニタ食堂の定食を並ばずに毎日食べたい」
「丸の内タニタ食堂のメニューをショッピングの合間に気軽に利用したい」

という要望を受け、
丸の内タニタ食堂の特製ランチボックスが、
2012年4月11日から17日までの1週間、
銀座三越に登場!

三越オンラインショッピング

丸の内タニタ食堂の特製ランチボックスは、
銀座三越の催事企画「ギンザワーキング・プラス」に合わせて販売。

出店場所は地下2階のデリカパークで、イートインコーナー6席も併設。

商品は、

「さわらの野菜あんかけ弁当」と日替わりメニューを用意。

日替わりは、

「ふわふわつくね弁当」(11日)、
「さけのこしょう揚げ弁当」(12日)、
「アスパラの中華風炒め弁当」(13日)、
「ささみの空揚げ弁当」(14日)、
「さわらのネギソース弁当」(15日)、
「豚肉と玉ねぎの甘辛炒め弁当」(16日)、
「さけのカレー焼き弁当」(17日)。

価格は全て945円。

冷凍された状態で販売する。

イートインコーナーでは、

「ふわふわつくね弁当」と「さわらの野菜あんかけ弁当」をみそ汁付きで提供。
1週間の期間中で、イートインを含め約6000食の販売を目指すとのこと。


販売時間

弁当=10時〜20時、
イートイン=11時〜15時・17時〜19時30分。

4月17日まで。

今後の予定としては、夏に本格販売を始めるとのこと。

タニタ社員食堂担当栄養士・荻野菜々子さん考案メニュー

タニタ食堂の特製ランチボックスのメニューはもちろん、
タニタ社員食堂担当の栄養士である
荻野菜々子さんが考案したオリジナルメニューで、

精白米100グラム、主菜1種、副菜2種で構成。

タニタ社員食堂のコンセプトに基づき、

1定食当たり500キロカロリー前後
塩分は3グラム前後に仕上げる。

弁当容器は、
ご飯、主菜、副菜を別々の容器で提供し、
そのままレンジで再加熱が可能。



スポンサードリンク